# 反日 # 韓国

日韓で50万部超え!『反日種族主義』はなぜ大ヒットしたのか?

日本は利用されたにすぎない
澤田 克己 プロフィール

保守派の弱体化と反発

朴槿恵(パククネ)大統領の弾劾騒動で保守派は分裂し、弱体化した。さらに文在寅政権によって「積弊」と決めつけられ、中央政府の官僚や公共放送の幹部も前政権に近いと見られればパージの対象となった。

文在寅大統領 〔PHOTO〕Gettyimages

文政権は「積弊清算」を最優先課題に掲げてスタートした。政敵とはいえ「清算」してしまおうとは強烈なキャッチコピーである。

 

その反作用として保守派の反発は強まり、 政権発足3年目に入ったこの年の夏、政権批判集会に数万人もの人々が集まるのも珍しくなくなっていた。

文氏の支持率は歴代大統領の同時期と比べて高い方なのに、政権批判もまた歴代政権に対するものより過激である。それは、韓国社会の分断の深刻さを示しているのだろう。