またも熊本出身の震災保護猫ご紹介します

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

ミグノンでは、地震被害など、震災で避難が必要になった地域の動物保護サポートも行っています。熊本地震後に、保護された39頭の子猫たち「づっちゃん」「サンバくん」「髭ノ丞くん」といっしょに保護されたのが、今日紹介する「マスクくん」です。

撮影/山内信也
名前:マスクくん
年齢:4歳
性別:男の子
性格:控えめで、やさしい男子

子猫のときに、熊本から東京に来たマスクくん。まだ、離乳前だったので、哺乳瓶でミルクをあげていました。でも、マスクくん、子猫のときから哺乳瓶1本では飲み足らず、毎回お代わりを催促。他の兄弟と比べ物にならないぐらい、ビッグサイズに育ちました。

でも、体は大きいけど、控えめでとってもやさしい男子です。

以前紹介した、づっちゃんと並んでみるとこんなにも大きさに違いがあります。

写真/ミグノン

マスクくんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

SNSで話題の「#とろねこチャレンジ」あなたも参加してみて!

毎年、全国で3万頭もの猫が殺処分されています。その数は、保護される犬の4倍もの数になります。今回、花王×コンテンツスタジオCHOCOLATEが、気持ちよく寝ている猫の写真をtwitterやInstagramに投稿するだけで、1投稿につき10円が保護団体(友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」)に寄付されるというキャンペーンを4月30日まで開催中です。ぜひ、ご参加を!

詳しくはこちらを『#とろねこチャレンジ』