どんな動物も「簡単に飼育」はできません

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

保護動物というと、犬や猫ばかりと思っている人も多いですが、ペットブームも多様化しているため、さまざまな動物が保護されます。ミグノンにも、今日紹介するうさぎやフェレット、インコなどの鳥類、イグアナなどの爬虫類なども保護しています。

犬や猫でも動物の飼育は大変ですが、それ以外のエキゾチックアニマルと呼ばれる動物は環境への順応が難しい種類も多く、飼育が難しいと言われています。安易な飼育は放棄動物を増やす結果になってしまうのです。

撮影/山内信也
名前:ボタおくん
年齢:2歳
性別:男の子
性格:怖がりなデリケート男子

今日紹介するのは、ミニウサギの「ボタおくん」です。保護した当初は、やせていて440gしかありませんでした。現在は、、ホネホネさんからムチムチさんに変わりました。でも、気が小さくて怖がりで、すぐに食欲不振になる、デリケート男子なのです。やさしく穏やかに接してくれる人、お待ちしています。

写真/ミグノン

ボタおくんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

SNSで話題の「#とろねこチャレンジ」あなたも参加してみて!

毎年、全国で3万頭もの猫が殺処分されています。その数は、保護される犬の4倍もの数になります。今回、花王×コンテンツスタジオCHOCOLATEが、気持ちよく寝ている猫の写真をtwitterやInstagramに投稿するだけで、1投稿につき10円が保護団体(友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」)に寄付されるというキャンペーンを4月30日まで開催中です。ぜひ、ご参加を!

詳しくはこちらを『#とろねこチャレンジ』