まさかの性別違い!? 男前だったモリアナさん

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、猫や犬以外にもさまざまな動物が、いろんな事情で保護されています。

以前紹介したフェレットもそうですが、エキゾチックアニマルの飼育放棄が増えています。ミグノンは、イグアナも保護されています。今日紹介するイグアナの「モリアナさん」は、4月1日のエイプリルフールにピッタリなエピソードがあります。

モリアナさんは、下町の警察署経由で保護されました。保護されたとき、鼠径部を見て「男の子」だと判定しました。ところが……、先日急に食欲不振になり、消化器系の異常かまたは腫瘍かと思って、レントゲンを撮ってみたら、なんとお腹に卵、卵胞があったのです。そう、ずっと男の子と思っていたら、「女の子」だったのです。

撮影/山内信也
名前:モリアナちゃん
年齢:推定5-6歳
性別:女の子
性格:順応性が高く、とっても頭がいい

男の子とだと思っていたら、男前の女の子だったモリアナさん。体は少し大きめです。イグアナとは思えないほど、とてもよく懐いて、人も大好きです。

ただ、イグアナの飼育は、室温調節など慣れないと大変なこともあるので、イグアナの飼育経験がある方、もしくは専門の獣医師の指導などをきちんと受けれる方をお待ちしています。

撮影/山内信也

モリアナちゃんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

緊急告知!うさぎの飼育多頭崩壊発生で「預かりさん」募集中です

先月(3月)、うさぎの飼育多頭崩壊が発覚し、友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」で、約70匹ものうさぎを保護することになりました。それに伴い、うさぎのケアをしてくれる「預かりさん」を募集しています。預かりボランティアとうさぎの飼育に関しては下記をご確認ください。

預かりボランティアって何?

うさぎの飼養に必要なものは?

上記をご確認の上、【預かりボランティア登録フォーム】からご登録をお願いします。追って、ランコントレ・ミグノンのボランティアから随時ご連絡を差し上げます。

※「預かりさん」へのお問い合わせは、上記のフォームよりご連絡ください。
電話でのお問い合わせはミグノンでは受け付けておりません。また、譲渡会開催中以外のペットサロンミグノンへのご連絡、訪問はご遠慮くださいますようお願いいたします。