トイプードルの保護犬、増えています

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

今日紹介する「スツグちゃん」は、トイプードルです。今、トイプードルの飼育放棄が増えていいます。ペットブームで話題になると、かわいいと安易に購入して、その後放棄してしまう人も現れます。また、悪質なブリーダーが大量に量産した結果、飼育放棄なども増加してしまうのです。ペットブームは、そういった負の連鎖を生んでしまうことも知ってほしいと思います。

撮影/山内信也
名前:スヅクちゃん
年齢:8-9歳
性別:女の子
性格:誰にもやさしくてフレンドリー

スツグちゃんは、保護されたとき、毛玉だらけでとっても汚れていました。排せつ物のきちんとケアされず、ケージの中に入れられていたのかもしれません。

でも、キレイにトリミングして、ケアをしてあげたら、こんなにもフワフワでかわいこちゃんになりました。誰にでも明るくてとってもフレンドリー。笑顔もキュートな女の子です。

写真/ミグノン

スヅクちゃんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

SNSで話題の「#とろねこチャレンジ」あなたも参加してみて!

毎年、全国で3万頭もの猫が殺処分されています。その数は、保護される犬の4倍もの数になります。今回、花王×コンテンツスタジオCHOCOLATEが、気持ちよく寝ている猫の写真をtwitterやInstagramに投稿するだけで、1投稿につき10円が保護団体(友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」)に寄付されるというキャンペーンを4月30日まで開催中です。ぜひ、ご参加を!

詳しくはこちらを『#とろねこチャレンジ』