譲渡条件の厳しさには理由があります

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

保護活動の中で、よく指摘を受けるのが、「譲渡条件の厳しさ」です。もっと譲渡条件を下げれば、困っている動物、殺処分される動物たちが減るのに、と言われます。確かに、一見それは正しいことに感じるかもしれません。でも、ハードルを下げてしまうと、残念ながら安易に手放す人が現れてしまいます。条件を厳しくする背景には、「安易な放棄が起こらないための抑止」でもあるのです。

それに一度放棄された動物たちには、二度と悲しい思いをしてほしくはありません。保護動物たちの活動にはそういう想いも含まれているのです。

撮影/山内信也
名前:にはちくん
年齢:10歳以上
性別:男の子
性格:とってもフレンドリーで甘えん坊

ミニチュアシュナウザーの保護犬のにはちくんです。動物愛護センターから保護しました。保護した当初、肝臓の調子が悪かったらめ、治療中で薬を飲んでいますが、徐々に回復しています。あと、両目とも白内障で左目は色素沈着とドライアイがあり、朝晩目薬をしています。

でも、とってもフレンドリーで甘えん坊。なんとも可愛い性格の犬くんです。ケージの中でもお利口さんに過ごせます。

写真/ミグノン

にはちくんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

SNSで話題の「#とろねこチャレンジ」あなたも参加してみて!

毎年、全国で3万頭もの猫が殺処分されています。その数は、保護される犬の4倍もの数になります。今回、花王×コンテンツスタジオCHOCOLATEが、気持ちよく寝ている猫の写真をtwitterやInstagramに投稿するだけで、1投稿につき10円が保護団体(友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」)に寄付されるというキャンペーンを4月30日まで開催中です。ぜひ、ご参加を!

詳しくはこちらを『#とろねこチャレンジ』