地震被害で困っていた熊本からレスキュー

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、動物愛護センターからの保護以外に、災害地などの救助も行ってきました。東日本大震災のときの福島に残った動物たちのケアや救助、熊本地震でのケアなども行ってきました。

「毎日猫さん、ときどき犬くん」でも福島や熊本から来た動物たちを何度かご紹介していますが、今日紹介する猫の髭ノ丞くんも、熊本出身です。熊本地震のとき、子猫で39頭が東京にレスキューでやってきました。

撮影/山内信也
名前:髭ノ丞くん
年齢:4歳
性別:男の子
性格:触られるのが大好き

「髭ノ丞」という名前の通り、ちょび髭風の柄がお茶目です。基本遊ぶのが大好きで元気いっぱいです。さらに、触られるのも大好きで、危機感ゼロで病院の診察台でも軟体動物化します。下でいっしょに映っているやはり保護猫のキジ之進くんと現在いっしょに暮らしていて、仲良しなのでいっしょに譲り受けてくれる人だとうれしいです。

写真/ミグノン

髭ノ丞くんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

SNSで話題の「#とろねこチャレンジ」あなたも参加してみて!

毎年、全国で3万頭もの猫が殺処分されています。その数は、保護される猫の4倍もの数になります。今回、花王×コンテンツスタジオCHOCOLATEが、気持ちよく寝ている猫の写真をtwitterやInstagramに投稿するだけで、1投稿につき10円が保護団体(友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」)に寄付されるというキャンペーンを4月30日まで開催中です。ぜひ、ご参加を!

詳しくはこちらを『#とろねこチャレンジ』