3月23日 世界気象デー

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

1950年の今日、世界気象機関条約が発効しました。これにより、国際気象機関(International Meteorological Organization:IMO)の後身として、気象情報の交換や公開を目的とした世界気象機関(World Meteorological Organization:WMO)が設立されました。

これを記念して、WMOは毎年3月23日を世界気象デーに定めています。

IMOのフラッグ Photo by iStock

1951年に国際連合の専門機関となったWNMは、2020年3月時点で190以上の国・地域が加盟しており、その主な業務は以下のようなものです。

・気象観測の国際的な標準化
・グローバルなネットワークを通じた気象予報サービスの提供
・農業や運輸に気象学を応用するための国際的支援
・地球の水循環を研究する学問である水文学を発展させるための調査研究

具体的な活動内容は、主に4年に1度、世界気象会議で決議されます。最近では2019年6月にスイス・ジュネーブで開催され、全球基本観測ネットワーク(Global Basic Observing Network:GBON)の設立などが決議されました。

GBONは、WMO加盟国から観測項目や手法が詳細に規定されたデータを収集することで、全世界の気象データを途切れることなく供給することを目的としています。そのために、WMOが途上国に対する支援・投資に取り組みました。

 

その結果、2020年からWMO統合全球観測システム(WMO Integrated Global Observing System:WIGOS)を導入することに成功しています。

世界気象デーでは毎年、気象業務への国際的な理解の促進を目的にキャンペーンが展開されます。

2019年のテーマは「サン(太陽)・アース(地球)・ウェザー(気象)」で、WMO事務局長のペッテリ・ターラス(Petteri Tallas、1961-)が太陽と気象の関係についてのメッセージを発表しました。

ペッテリ・ターラスWMO事務局長 Photo by Getty Images

日本では気象庁が発表しています。2020年は「気候と水」になりました。