筆者撮影
# ラーメン # コンビニ

“マシマシ”大ブーム「二郎系ラーメン」がコンビニを埋め尽くすワケ

コンビニ、メーカーがこぞって参戦

「黄色いパッケージ」の正体は…

昨今、二郎系ラーメン・インスパイア系ラーメンと呼ばれるジャンルのラーメンが流行っています。それはコンビニのラーメンしかり、カップラーメンしかり、実店舗に限りません。

特に2019年から注目度は軒並み上がっており、市販品の中でも黄色いパッケージに “マシマシ” などと書かれた加工商品を多く見かけるようになりました。

写真はイメージです(Photo by iStock)

「二郎系」「インスパイア系」とは、東京・三田に本店を置く「ラーメン二郎」をリスペクトしたラーメンジャンルの総称です。それを模した加工食品に黄色いパッケージの商品が多いのは「ラーメン二郎」の看板をイメージしてデザインされているのが主な理由とみて間違いないでしょう。

二郎系と称されるラーメンの特徴は、豚骨醤油ベースのスープにオーション(日清製粉の強力粉)で打ったゴワゴワ食感の極太低加水麺を合わせるのが普遍的な共通点。そして、うずだかく盛られた大量の茹で野菜(もやし、きゃべつ)に豚(ぶた)と呼ばれる大きなチャーシュー、刻みニンニク、アブラなどが代表的なトッピングとなっています。

 

さらに “ニンニクマシマシヤサイマシアブラカラメ(ニンニク特盛・野菜大盛・背脂あり・味濃いめ)” といった「コール」が店内に飛び交い、トッピングや味付けを客の好みに合わせて注文できるのも人気の秘訣。

ヤサイ(もやし)を中心に麺が見えないほど大量に盛られたビジュアルは、一度見たら忘れられないインパクトを放ち、中毒性の高さから通称 “ジロリアン” と称される熱狂的なファンを全国に抱えています。