# 新型コロナウイルス

コロナ危機のウラで、中国・習近平が「ヤバすぎる計画」を進めていた…!

いままで以上の警戒が必要だ
橋爪 大三郎 プロフィール

「資本家」は中国共産幹部…?

まず、価格統制をやめる。計画もやめ、需要・供給は市場に任せる。

つぎに、国営企業を株式会社にする。就職も、国が分配するのではなく自由契約にする。国中の土地建物も私有にする(建前は国有のままなので、七○年の使用権、などを私有させる)。

photo by iStock

こうやって、資本市場、労働市場、土地市場(いずれも資本主義に必須のもの)を成立させたのだ。

私企業(株式会社)が成立して、資本家が出現する。でもどうやって?マルクスは言った、原始蓄積過程だ。なりかけの資本家は労働者をとことん搾取し、資本を貯め込む。それが資本主義の始まりだと。

中国には、工場や生産設備も、労働者も、社会インフラも、もう存在した。国有の工場や生産設備を、私有財産にすればよかった。

 

政府の指示で、地元の省や市が、工場を民間企業にする。株券を発行して、一部を政府に渡し、一部を労働者に渡し、残りを共産党の幹部で分けてしまう。共産党の幹部が資本家をやります、が社会主義市場経済のなかみである。

改革開放が進むと、企業のオーナーが中国共産党に加入してよいのか、問題になった。

結局、加入できることになった。共産党は、資本主義経済を推進するための政党に、性格が変わったということだ。