# 中国 # ロシア

習近平とプーチンの「独裁化」でこれから起きる「悲惨シナリオ」の中身

殺害、粛清、監視、秘密警察…
橋爪 大三郎 プロフィール

殺害、粛清、監視…

ドイツの議会は、全権委任法を可決する。

すべての権限を無期限で、ヒトラーに委ねる決定だ。この結果、民主主義の憲法は憲法のままで、憲法でなくなった。憲法に違反する法律を制定すれば、憲法は死んでしまうのだ。

〔photo〕gettyimages

ナチスは、ごろつきやならず者の集団(突撃隊)に支えられて、勢力を伸ばした。

ほかに親衛隊もあった。政権をとってからは警察をかね、武装して軍隊のようになった。突撃隊が邪魔になると幹部を殺害して粛清し、解散させた。

ユダヤ人虐殺のような汚い仕事を担当したのが、親衛隊である。

 

ナチスの独裁政権を倒す可能性があったのは、国軍だけだった。

実際、国軍の有志グループが、ヒトラー暗殺を実行して失敗している。国軍を監視するのは、秘密警察の役割である。

関連記事