〔PHOTO〕gettyimages

新型コロナ、テレビでよく見る「専門家」に対する大きな疑問と違和感

どこまで信じてよいのだろうか…

孫正義氏のツイートをめぐって

拡大を続ける一方の新型コロナウイルス感染症に関して、世界保健機関(WHO)は「パンデミック」(感染症の世界的流行)を宣言した。一方、中国では新規感染者数の増加が急速に鈍化している。流行の震源地が変化しつつある様相である。

日本も心配された感染爆発はどうにか回避されつつあるかのように見えるが、まだ気を抜いてはいけない状況には変わりない。

そんななか、3月11日にソフトバンクグループの孫正義氏が、久々にツイッターを更新し「簡易PCR検査の機会を無償で提供したい。まずは100万人分」と述べた。

それを受けて、多くの人々が孫氏に向けて「医療崩壊を招くからやめてほしい」などと一斉にツイートを返した。ほどなく孫氏も「評判悪いから、やめようかなぁ。。。」とツイートした。

〔PHOTO〕gettyimages
 

マスクやトイレットペーパーの買い占めなど、パニックになる様子ばかりが報道されていたが、現実はこんなに冷静な判断ができる人々が大勢いることを知って、私はほっと胸をなで下ろした。

それとともに、これでまたメディアの偏った報道ぶりの一端がうかがえた。これまでメディアが繰り返し報じてきたのは、パニックになる人々の様子ばかりだった。それはたしかに興味を引きやすく話題性がある。一方、冷静な人々を報道してもニュースとして面白くない。

これまで、テレビで報道されたパニックの様子は、実は一部の人々の行動を切り取ったにすぎなかったのである。メディアは、市民のこうした賢明さもきちんと報じるべきである。