# 医療 # 健康

誤情報だらけ!新型コロナ「マヌカハニーも納豆も『効く根拠』はない」

消費者庁も異例の注意喚起を始めた…!
松永 和紀 プロフィール

世界の論文を調べてみると…

世界の論文を集めたデータベースPubmedでも調べましたが、ハチミツやマヌカハニーのウイルスへの予防効果を実証したと言えるものはありませんでした。

国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所のデータベース「健康食品」の安全性・有効性情報(HFNET)は、マヌカハニーについて『俗に、「免疫機能を高める」「ピロリ菌を除菌する」「がんによい」などと言われているが、経口摂取した場合のマヌカハニーの有効性については現時点で信頼できる十分な情報が見当たらない』と整理しています。

ましてや、新型コロナウイルスに対する効果など、不明としか言いようがありません。

〔photo〕iStock

マヌカハニーは、ニュージーランドのマヌカという樹木の花蜜を原料とするはちみつで、欧米では昔から抗菌活性がある、とされ、小さな1瓶が日本円にして数千円するほどの価格で売られてきました。抗菌作用も、エビデンスは明確ではありませんが、今は欧米でもウイルス予防で店頭から消えるほどの人気のようです。

菌とウイルスには大きな違いがあるのに、気にしない、というのは欧米も日本も同じようです。

 

不明であったとしても、ウイルス予防の可能性があるなら食べたい、というあなた。マヌカハニーは昔から、ニセ物が多くあることでも有名です。世界で年間に1万トンが流通しているのに対し、ニュージーランド産の本物は1700トンしかない、という報道も3年前に出ました。そんな情報も考慮したうえで、買うか買わないかを決めた方がよさそうです。