# 医療 # 健康

誤情報だらけ!新型コロナ「マヌカハニーも納豆も『効く根拠』はない」

消費者庁も異例の注意喚起を始めた…!
松永 和紀 プロフィール

マヌカハニーの「真実」

3月10日夜、民放の番組で取り上げられたマヌカハニーも、消費者庁のリストにあります。『「天然の抗生物質」と呼ばれる他のハチミツにはない特別なパワーを持っているマヌカハニーで、コロナウイルス対策』という表示は、景表法、健康増進法違反のおそれあり、なのです。

一方、番組ではハチミツをスーパーフードと呼び、「細菌&ウイルスを撃退するパワー」「新型コロナウイルスへの効果も期待!?」と紹介していました。根拠は、長崎大学の研究者らによる論文です。そのほか、ハチミツの成分がウイルスの遺伝子を破壊するというような説明を、口頭で付け加えていました。

さらに同番組ではマヌカハニーについては、「抗菌能力が普通のハチミツの8倍」とし、ハチミツの“専門家”が「インフルエンザにも効果が期待できるのか?」という問いに「そのとおり」と断言していました。番組ではマヌカハニーが新型コロナウイルスに効くかどうかについては直接言及していませんが、番組を通しで見るとそう「誤読」してしまう人が決して少なくない作りになっているのが気がかりでした。

〔photo〕iStock

ちなみに番組内で根拠として示されたのは、長崎大学の研究者らによる同じ論文。私も読みました。

たしかに、ウイルスへの感染を50%阻害するハチミツ濃度について5種のハチミツで試験されており、マヌカハニーが、レンゲハチミツなどに比べて効き目が高いのは事実。

でも、当然のことながらどのハチミツよりも抗インフルエンザ薬のザナビミルの方が圧倒的に効いています

 

それにそもそも、この試験はシャーレで細胞を培養し、ハチミツを入れてウイルスの阻害の程度を調べる、というものです。

人がハチミツを食べて消化する中で、体内のウイルスにハチミツ成分が届くという保証はまったくありません。こうした培養細胞実験は、エビデンスの質としては低く、人へ効く根拠としては扱われません