プラスチックごみや過剰漁獲、海には問題が山積しています。世界でたった一つの海だからこそ、美しく変えたいという思いは万国共通。各国が取り組む、海のための活動を紹介します。今回は、アメリカのポートランドで浸透しているサステナブル・シーフードについて。

口にする魚を選ぶことから
海の循環システムを守る

数十年後には魚が食べられなくなる日が来るかもしれない。にわかには信じがたいが、気候変動による生態系の変化や過剰漁獲によって、このままいくとそんな危機が現実のものとなる。実際に魚類をはじめとする海洋生物の数は、年々、急ピッチで減少傾向にある。

持続可能な漁業を考えた際に生まれたのが、“サステナブル・シーフード”の存在だ。基準の一つとなるのはMSC認証。MSCとは、Marine Stewardship Council(海洋管理協議会)の略で、厳正な環境規格に適合した漁業で獲られた水産物であると認められた証。すなわち「海のエコラベル」といえる。

オープンしたばかりのポートランド近郊にあるレイクオスウィーゴ店。連日賑わいを見せる人気店。その店内に飾られているのは、アラスカンサーモンを獲る漁師たちの写真。自身も漁師である写真家コーリー・アーノルド氏によるもの。

アメリカのポートランドでは、サステナブル・シーフードに関する考えは浸透していて、2008年にはMSC認証を得た水産物を全米で初めて使用した寿司レストラン〈Bamboo Sushi〉がオープンし、注目を集めた。現在は、ポートランド近郊を含むエリアに5店舗、それ以外のエリアに5店舗展開している。取材に訪れたポートランドのダウンタウンの店もランチタイムのオープンとともに、あっという間に満席になった。クリストファー・ロフグレンCEOはこう話す。

私たちは、認証を受けた最初のサステナブル寿司レストランではありますが、サステナブル・シーフードを調達することの大切さは、それ以前から専門家や識者により語られていました。私自身は、海の持続可能性を考えたときに、自分が好きな寿司で実践できないかと考えました。

サステナブル・シーフードを寿司ネタに取り入れるためには、サプライヤーとの関係性が非常に大切。常にオープンなコミュニケーションで、信頼関係を築くことを第一にしています。そして、供給工程のすべてを明確にすること。新鮮かつ環境的に責任ある方法で獲られたシーフードであると断言できれば、結果として、私たちも自信を持ってお客様に提供することができます

時には、提携するオレゴン州やアラスカ州の漁師のもとを訪ね、水産環境を現場から学ぶ。さらにMSCとパートナーシップを結ぶことで、漁師が認証を維持するためのガイドラインに従って漁業をしているか、常に確認をすることができる。

店のメニューづくりのために、世界中の海洋生物の種類や、その漁法、捕獲可能な数など、専門機関に海洋学的なデータをもらう。

「魚種の全体数を把握するために、何百種とリサーチしてきた“シーフード・ウォッチ・プログラム”をはじめ、どの種を避けるべきか、そして供給すべきかのベースラインを確認します。さらに環境に適合した漁業や方法を徹底しているMSCなどの認証を得られるか、循環システムを損なう数量以上捕獲をしないかにも気を配っています」

どんなに人気の魚でも希少性が高ければ提供しないし、養殖により、海や河川を汚染しているケースが見られれば、取り扱わない。

どの店舗も共通のメニューには、ネタに認証マークがついており、魚の背景から選ぶことができる。

「MSC認証を取得することは何も特別なことではありません。お客様に安心して食べていただくためにも世界中のレストランにMSC認証について知ってもらいたい。さらに環境問題についてもっと知見を高めてもらうためにもMSC認証は必要であると考えます

〈Bamboo Sushi〉に足を運ぶ客の約80%が、サステナブル・シーフードであることを理由に来店しているという。

年齢も客層もさまざまですが、共通項があるとすれば、自分の選択する食材が、世界にどのような影響を与えるかを理解して、行動している方たちだということ

この先、魚を食べ続けることができるのかは、最終的には消費者次第。現代を生きる私たちの手にかかっている。

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。

●情報は、FRaU SDGs MOOK OCEAN発売時点のものです(2019年10月)。
Photo:Norio Kidera Text&Edit:Chizuru Atsuta Coordination:Bronwyn Nakamura