3月15日 ドイツの医学者、E・ベーリング誕生(1854年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

今日、3月15日は、第1回ノーベル生理学・医学賞を受賞したドイツの医学者、エミール・アドルフ・フォン・ベーリング(Emil Adolf von Behring, 1854-1917)の誕生日です。

E・ベーリング(右) Photo by Getty Images

彼は1989年に「近代細菌学の父」であるところのR・コッホ(Heinrich Hermann Robert Koch, 1843-1910)に師事。翌90年には北里柴三郎(1852-1931)とともに破傷風の血清療法を編み出しました。

北里と彼はその成果を同年12月3日に共同研究として発表。その翌週にはベーリング単独でジフテリアの血清療法を発表しました。

当時ジフテリアは致死率が40%と極めて高い病気であり、安定した治療法の必要性が叫ばれていました。この治療法の発見はまさに「革命」と呼んでいいものだったでしょう。

この発見により、免疫学は大きく発展。その功績を称え、1901年には第1回ノーベル生理学・医学賞が彼に送られました。

ところで、彼と共同研究をした北里柴三郎にはなぜノーベル賞が贈られなかったのでしょうか。

北里柴三郎 Photo by Getty Images

実は、第1回ノーベル生理学・医学賞の最終候補15人の中に北里は含まれていたのです。他にも、ベーリングと北里の師であるR・コッホや、化学療法の先駆者E・エールリヒ(Paul Ehrlich, 1854-1915)、白血球の食作用を発見したI・メチニコフ(Ilya Mechnikov, 1845-1916)などがリストアップされていました。

 

それにもかかわらず、受賞したのはそのリストに入っていなかったベーリングでした。彼だけが受賞した理由としては、いくつかの説があります。

まだ「共同受賞」という制度がなかったこと、当時はドイツ医学会の発言権が圧倒的に強かったこと──。本当のことはよくわかっていませんが、このようなことが背景にあったのではないか、と言われています。

「科学的に信頼できる」免疫力増強法とは?

マスクに予防効果はない!?
インフルエンザワクチンはなぜ打たなければならないのか?

免疫に関するあらゆる疑問を、この一冊に。

宮坂昌之『免疫力を強くする』は大好評発売中!