# 自己啓発

世界で一番読まれた本は…?意外に使える「ナンバーワン」の雑学

じつは、あの文学作品でした
山本 崚平 プロフィール

世界一読まれた本は『聖書』?

世界一の「時価総額産業」
(三井物産戦略研究所「世界の産業の潮流と成長領域」より改変)
拡大画像表示

世界の時価総額上位3000社に入る企業の時価総額は、2017年末には約66兆ドルとなっています。産業別に見てみると、1位が金融業で14兆1180億ドル、2位はソフトウエア・コンピュータサービス業で、4兆5640億ドルとなっています(上図「産業・業種別の時価総額と純利益の変動」参照)。

世界一「読まれている本」

世界で一番発行されている本は聖書やコーランなどといわれますが、正式な記録はありません。

では、宗教や政治色の強い作品を除いて、世界で一番読まれたとされる本はなんでしょうか。

それは、スペインの作家セルバンテスの『ドン・キホーテ』です。ドン・キホーテは、世界54カ国の著名な文学者100人の投票による「史上最高の文学百選」で1位を獲得している書籍でもあります。

 

2位は、イギリスの作家J・K・ローリングの『ハリーポッター』シリーズです。

3位は、同じくイギリスの作家ディケンズの『二都物語』です。

これまでに刊行されたベストセラーの本をすべて読破するのは難しいかもしれませんが、ビジネスパーソンとして最低でもあらすじは知っておきたいところです。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/