〔photo〕iStock

カリスマ直伝、3月にめちゃ儲かる&お得な「すごい株主優待」全実名

コロナショックのいまこそ投資妙味あり

3月は優待祭り、コロナショックのいまこそ投機好機

こんにちは、株主優待好きの主婦まる子です。

猛威を振るう新型コロナウイルスに対し現在世界的に対応がなされており、学校や職場などの身近な生活から、入国制限や物流の停滞など大規模な経済活動も冷え込んでいます。

そのため、各国の株式市場も大荒れ状態。大きく上がった翌日に大きく下がったり、いつもなら米国市場につられる日経平均ですが、まったく逆の動きだったり。世界経済が停滞するのは確実視されていることなので、この先の株価も不透明感が強く、非常に不安定な相場が続くと思っています。

〔photo〕gettyimatges

こんな時はどうするかですが、株価下落をチャンスと見て長期的に業績向上が見込める株を探してみるのはひとつの手でしょう。たとえば2020年春から本格サービスが始まる5Gの関連銘柄やキャッシュレス社会が本格化する中、関連サービスを提供する会社などを狙うとか。

経済が停滞しても、すべてがストップするわけでもありませんし、新型コロナウイルスも時間が経てば終息に向かうはずです。今が耐え時、今が投資のチャンスだと思って、余裕資金の中で投資を始めてみる機会かもしれません。

私の好きな株主優待銘柄もいまこそ仕込むタイミングだともいえます。

 

直近では優待銘柄は軒並み急落で右肩下がり。人気の優待というと外食や小売りがメインなのですが、外出制限やインバウンドの観光客が激減。会社の業績にダイレクトに響いてしまいますが、長い目で見るといまこそ投資時といえる銘柄も出てきているのです。

しかも、3月は決算企業が年に一番多く、必然的に優待銘柄もおよそ800銘柄超ととても多い「優待祭り」状態です。こんな状況で全力買いこそ勧めませんが、人気の優待で、業績的にも安定している会社を厳選して紹介しましょう。