3月12日 物理学者・江崎玲於奈が生まれる(1925年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

1925年の今日、ノーベル物理学賞も受賞した日本の物理学者・江崎玲於奈(えさき・れおな)がこの世に生をうけました。

江崎玲於奈(1973年、ノーベル賞受賞後に撮影) Photo by Getty Images

彼の一風変わった名前は、ラテン語で「獅子」という意味の言葉「レオ」が由来になっています。これは、世界で通用するよう男らしく育って欲しいという父親の願いが込められたものでした。

その名に違わぬよう勉学に励んだ彼は飛び級で旧制第三高等学校(現京都大学)に入学、さらに東京大学理学部物理学科に進学します。

 

大学を卒業した彼は、まず神戸工業という会社で熱に強い真空管の開発に取り組みました。しかし次第に彼はトランジスタに興味を持つようになり、当時テープレコーダーの売り上げを伸ばすためにトランジスタの開発を進めていた東京通信工業(現ソニー)に転職しました。

転職して2年目の1957年、彼はPN接合型のダイオードにかける電圧の値を大きくしたとき、一定値を超すと電流が減るという現象を発見しました。これにより、極小の粒子が一定の割合で壁をすりぬけすことがあるというトンネル効果が、半導体においても起こるということが世界的に知られるようになりました。

PN接合型のダイオードは、電荷を電子が並んでいるところに存在する正孔(ホール)によって電荷を生むP型半導体と、電荷が自由電子によって運ばれるN型半導体の結合からなります。その電位差により、電流が一方向にのみ流れます。

ダイオード Photo by iStock

江崎はそれぞれの半導体に混ぜる不純物の割合を増やすことによって接合部を薄くする研究をしており、その際にトンネル効果を発見しました。さすがの彼も、電圧を逆方向にかけた際のトンネル効果は予想していたものの、電流が流れる方向に電圧をかけた際の発見は驚きだったと言います。

この研究をもとに、彼は短時間でスイッチの切り替えが可能な「エサキダイオード」を開発します。さらに、より自由な研究環境を求めてアメリカのIBMワトソン研究所に転職しました。

そして1973年、半導体内でのトンネル効果発見に関する研究が認められ、類似の研究を行っていたアメリカ人アイヴァー・ジェーバー(Ivar Giaever、1929-)とともにノーベル物理学賞が授与されました。

江崎はノーベル賞受賞後も教え子とともにアメリカで研究を続けていましたが、1992年に帰国し、筑波大学の学長を6年つとめました。現在も教育者として、日本で個性豊かな研究者の育成に尽力しています。