# バーガーキング # ハンバーガー # マクドナルド

「バーガーキング」があえて王者マックと“真っ向勝負”を避けるワケ

2位だからこその戦略がある
三ツ井 創太郎 プロフィール

一度は日本から姿を消したが

バーガーキングは、アメリカ合衆国フロリダ州に本社がある1954年設立のハンバーガーチェーン。世界100ヵ国以上の国で17,800店舗以上展開(一部国、地域では別ブランド名で展開)しており、マクドナルドに次ぐ世界2位のハンバーガーチェーンとなっています。

日本発上陸は1993年。西武商事(株)の運営によって、埼玉県入間市のショッピングセンター「西武入間ペペ」に1号店がオープンしました。当時は本場アメリカのハンバーガーチェーンの初上陸という事で同店のオープンは大変話題になりました。

Photo by GettyImages

その後は1996年に運営会社が変わり、アメリカ本国のバーガーキング社の持株会社である、グランド・メトロポリタン社と日本たばこ産業株式会社(JT)が提携し、日本国内での店舗拡大を目指していました。しかし、なかなか経営がうまくいかず提携解消、待望の初上陸から8年後の2001年3月、バーガーキングは日本から姿を消す事となります。

その後、約6年間の空白期間を経て2007年にロッテリア等を展開するロッテグループと企業支援会社リヴァンプが共同設立したバーガーキング・ジャパンがバーガーキングを日本に再上陸させました。

 

これまでも何度も運営会社が変わってきたバーガーキング。2017年にはアメリカ・バーガーキング社とフランチャイズ契約を締結した投資ファンドが日本国内に設立したビーケージャパンホールディングスが日本における運営権等を取得し、この2社が日本国内におけるバーガーキングの運営等を行っていました。

しかし、今度は2019年5月に国内22店舗の閉店が発表され、巷では「バーガーキング日本再撤退」との噂が広まりました

関連記事