犬や猫の次に、保護されることが多いうさぎ

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、犬や猫以外にも、保護された動物たちがたくさんいます。

犬や猫の次に、収容されることが多いのが、うさぎです。うさぎは比較的、飼育しやすい動物と言われていますが、知識がないと、上顎臼歯の歯が伸びて食事ができなくなることもあります。また、怖がりなうさぎも多いので、抱き方なども丁寧にしないと、うさぎが怪我をすることもあります。どんな動物も命を預かるのですから「飼育が簡単」ということはないのです。

撮影/山内信也
名前:くるりくん
年齢:約3歳半
性別:男の子
性格:元気で人懐っこく、食いしん坊

「くるりくん」は、ミニレッキスという種類で、短くベルベットのような毛と縮れたひげ、スタイリッシュな顔が特徴のうさぎです。背中の毛がくるくると縮れていたので、今の名前がつきました。

ペレット(うさぎのご飯の種類)が大の好物で、ご飯を準備していると人間の足にまとわりついてきます。抱っこもできますが、あまり好きじゃないので逃げようとするため注意が必要。甘噛み以外で人を噛むことはありません。

写真/ミグノン

くるりくんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

SNSで話題の「#とろねこチャレンジ」あなたも参加してみて!

毎年、全国で3万頭もの猫が殺処分されています。その数は、保護される犬の4倍もの数になります。今回、花王×コンテンツスタジオCHOCOLATEが、気持ちよく寝ている猫の写真をtwitterやInstagramに投稿するだけで、1投稿につき10円が保護団体(友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」)に寄付されるというキャンペーンを4月30日まで開催中です。ぜひ、ご参加を!

詳しくはこちらを『#とろねこチャレンジ』