Photo by gettyimages

新型コロナ、親日国インドネシアが唱える「日本人のせい」は本当か

背景には日本政府への不満がある?

日本人の入店・乗車拒否も

「まさか、世界有数の親日国と言われるインドネシアで、日本人がバイキン扱いされるなんて……」

同国の首都、ジャカルタに長く在住する自営業の男性はこう肩を落とす。

インドネシア政府は3月2日、新型コロナウイルスの国内感染者を初めて確認したと発表した。患者はダンススクール講師の女性(31)とその母親(64)で、女性は先月中旬にマレーシア在住の日本人とインドネシア国内でダンスをしたのだが、この日本人はマレーシアに帰国後、インドネシア人2人より先に新型コロナウイルス陽性と判明した。

Photo by gettyimages

テラワン保健相はこれを受け、「2人はこの日本人から感染した」と述べたが、科学的根拠は何も示されていない。さらに6日には、追跡調査で新たに2人の陽性が確認されたと発表した。

インドネシア国内では、ウイルスを持ち込んだのは日本人だとして、日本人が「感染源」と危険視され、入店や乗車を拒否されるケースが出ているという。現地の報道などによると、日イ間の交流事業のため同国を訪れた大阪産業大学の教員と学生計9人のうち1人が、インドネシア当局により発熱が確認されたとして病院に隔離される事態も起きている。

 

日本国内で感染者が増えていることに対する恐怖が根底にあるとされるが、日本大使館も「悪質な嫌がらせなどが増加する可能性がある」として、相談窓口を設置。インドネシア政府には過剰反応の防止を申し入れている。