株式会社mog(ママ、お仕事がんばって!)というドストレートなネーミングの会社を立ち上げた稲田明恵さん。15年勤務した大手人材サービス会社から独立し、女性の就労をサポートする独自のサービスを始めている。今まで多くの女性たちにヒアリングし、その迷いや悩みも目の当たりにしてきた。それらのことを「MOA(ママお仕事あるある)漫画&コラム」でお届けする連載の第11回。

今回のテーマは「新人」。新入社員のみならず、新しい部署、新しい職場、新しいプロジェクト。誰もが季節の変わり目で新しいことに挑むことは多いだろう。そこで稲田さんに自身の新人時代も踏まえて新人時代を上手に乗り切るコツを教えていただこう。

稲田明恵さんの今までの連載はこちら

新入社員時代、毎日泣いていたけど

まだ寒い日が続いていますが、散歩をしていたら沈丁花の良い香りが漂ってきました。春はもうすぐ。いつもはわくわくするこの季節ですが、今年は新型コロナの影響で街がひっそりしています。卒業式や入学式などの式典が軒並み中止になっているニュースを見ると、流行を防ぐためとはいえ、成長の節目を心待ちにしていた学生やその親御さんは心底残念だろうなぁと胸が痛みます。

特にいま不安を感じているのは、この春社会に飛び出す新入社員のみなさんではないでしょうか。入社式の延期・中止だけでなく、新型コロナの影響で景気の減速もささやかれる状況を見るにつけ、「この先入社したらなにが待ち構えているのだろう」と不安に押しつぶされそうになっている人もいるかもしれません。そんな不安をかかえる方々への応援の気持ちを込めて漫画も描きました。私は今年で社会人16年目に突入します。まだまだ若造ですがこれまでの経験を振り返って、自身の新入社員時代に身をもって知ったことを綴りたいと思います。 

稲田さんの実話です (C)Kichi & Akie Inada