殺伐とした中、ひとつの恋が生まれていた

イベントもお花見も飲み会も全て中止になり、お出かけスポットも休みで、楽しいことが何もなく、新型コロナウイルスへの不安ばかりが増幅……生きているだけで免疫力が低下していく日々です。さらに、マスクに続いてトイレットペーパーや生理用品まで品切れが続いて、世の中が殺伐としています。

でもそんな中、Twitterで希望を感じる投稿がありました。婚活中の女性が、ドラッグストアでトイレットペーパーの最後の1パックを購入。すると、レジで男性客が「もうトイレットペーパー無いですよね……」と言っているのが聞こえたので、心優しいその女性は「ちょっとまってて下さい」と声をかけ、会計後2ロールあげたところ「お互い独身で連絡先交換するという事案が発生」したそうです! しかもその男性は外見的にタイプだったとか……。

写真はイメージです〔PHOTO〕iStock

その後、LINEで「ちゃんとお礼したいのでご飯行きませんか?」というメッセージも来たそうです。トイレットペーパーという生活必需品をシェアしたことが伏線となり、今後生活を共にする可能性も出てまいりました。トイレットペーパーの数が足りるか聞いたら「一人暮らしだから……」という返事で、男性が独身であることも判明。二人は順調にLINEで交流を深め、「ずっと家に居ると普段の倍のスピードでトイレットペーパー無くなってたからめっちゃ焦った」という男性の発言もあったとのこと。

出会ってすぐ、トイレの話で盛り上がれる関係が素敵です。同じ時に工場で生産されたロールを分け合った二人は、既に下半身で縁ができたのでは……と下世話な想像をしてしまいました。