公式サイトより

『恋はつづくよどこまでも』の上白石萌音は、最強の「地方出身娘」か

誰にも真似できない演技力がある

「女優姉妹」という系譜

姉が女優で、妹も女優。そんな「女優姉妹」というのは、世代によって挙がる名前は違うだろうが、以前から存在した。

たとえば、思い出せる範囲でさかのぼると、まず浮かんだのが倍賞千恵子・美津子の倍賞姉妹。次が、姉が真野(まや)響子、妹が眞野(まの)あずさ、という真野姉妹だ。

それから、石田ゆり子・ひかりの石田姉妹もいる。特に姉のゆり子は、『さよなら私』(14年、NHK)、『コントレール~罪と恋~』(16年、NHK)など、大人の女性の恋愛物で再ブレイク。同じ年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)で演じた、「叔母の百合ちゃん」が秀逸だった。

そして最近の女優姉妹といえば、広瀬アリス・すずの広瀬姉妹ということになるだろう。こちらも以前は妹ばかりが目立っていたが、現在は姉のほうも自分のポジションを獲得している。

そんな女優姉妹というくくりに、ドーンと入ってきて注目を集めているのが、上白石萌音・萌歌の上白石姉妹だ。

〔PHOTO〕gettyimages
 

妹の萌歌は、このところ『義母と娘のブルース』(18年、TBS)、『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(19年、日本テレビ)、そして大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』(19年、NHK)などで大活躍。姉の萌音は、現在放送中の『恋はつづくよどこまでも』(TBS)で主演を務めている。

広瀬姉妹も、うかうかしてはいられない。「アリス・すず」とはタイプの異なる「萌音・萌歌」だが、懐かしい表現をすれば、「赤丸急上昇」と言っていい。

そんな上白石姉妹、今回は姉の萌音について考察してみたい。