新型コロナ騒動の裏で行われた、国家安全保障会議の「驚くべき中身」

大手メディアは関心を示さなかったが

「首相動静」を見ると…

新聞やテレビなど各メディアは連日、厚生労働省内の新型コロナウイルス対策推進本部がその前日夜に発表した新たな感染者の(1)年代、(2)性別、(3)居住都道府県、(4)外国渡航歴の有無(あればその行動歴)、(5)症状・経過に関する詳細な情報、あるいは政府のコロナウイルス感染症対策本部(本部長・安倍晋三首相)が決定した方針(例えば大規模なイベントの2週間自粛、小中高の一斉休校の要請)についての是非を巡り、大々的に報道している。

こうした中で、筆者の目に留まった「首相動静」に記載された重要な会議について、大手メディアは関心を示さなかった。

photo by gettyimages

それは、2月14日午後4時37分から同5時15分まで首相官邸で開かれた国家安全保障会議(NSC)のことである。国家安全保障会議は安倍首相を議長に茂木敏充外相、河野太郎防衛相、菅義偉官房長官の4大臣会合と、麻生太郎副総理・財務相、高市早苗総務相、梶山弘志経済産業相、赤羽一嘉国土交通相、武田良太国家公安委員長を加えた9大臣会合で構成されている。

その日のNSC出席者は、安倍首相を含む4大臣と、麻生、高市、梶山氏に加えて萩生田光一文部科学相と竹本直一科学技術相が同席した。構成メンバーが変則となったのだ。

 

だが、同会議の前後に新型コロナウイルス感染症対策本部が開催されたことから、内閣記者会加盟各社の記者たちはその首相日程を勘案して、この会議も新型肺炎感染問題が議題であったと推測したに違いない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら