Photo by iStock

日本の「超暖冬」とアフリカの「バッタ大量発生」に共通の原因があった

とんでもないことが起きているのか…?

アフリカでバッタが大量発生

いま、アフリカ・ケニアの農地や砂漠には、空が真っ黒に覆われる異常な光景が広がっている。5~7cmのバッタが大量発生し、1億匹もの群れを作っているのだ。

バッタの大量発生に遭遇したことがあるという東京農業大学教授の足達太郎氏はこう振り返る。

「西アフリカを、乗り合いバスで移動しているときのことでした。日没後、突然フロントガラスにバチバチと何かがぶつかる音がしたんです。

すると、わずかに開いている窓から、10cm近いバッタが無数に飛び込んできたのです。体に当たると、痛いほどでした」

1億匹のバッタの群れは、一日で約9万人分の作物を食べ尽くす。アフリカでは、バッタの大量発生を「神の罰」と呼ぶほどだ。

Photo by gettyimages

大量発生は数年ごとに起きるが、今年は国連食糧農業機関(FAO)が「前例のない脅威だ」と呼び掛けるほど深刻な事態になっている。なんと、1300万人がバッタのせいで食糧不足に悩まされているというのだ。

しかも、アフリカの政情不安により、被害の拡大は止まる様子がない。

 

「大量発生の被害に遭っているスーダンやエチオピアなどでは紛争が頻繁に起きています。そのため、紛争当事国の政府や国際機関が、食糧の不足している地域にそれを届けることができないのです」(足達氏)

アフリカで、なぜバッタが大量発生しているのか。