プラスチックごみや過剰漁獲、海には問題が山積しています。世界でたった一つの海だからこそ、美しく変えたいという思いは万国共通。各国が取り組む、海のための活動を紹介します。今回は、東南アジア発、マレーシア・ペナンで取り組まれているアクションにクローズアップ

未来のペナンに思いを馳せる、
パッションに溢れた熱き人々

2018年7月、中国などに続いてマレーシアでもプラスチックごみの輸入に対して、規制を講じることになった。にもかかわらず、19年5月には、不法にプラスチックごみが輸入され、摘発によって輸出国へと送り返されるという事件が起こった。その輸出国の中には、世界的にもプラスチックごみ排出量の多い日本も含まれている。

かつて経済的な格差を背景にゴミの引き受け国であった東南アジアの国々も、大きく変わろうとしている。マレーシア、中でも先鋭的な取り組みが多く見られるのが、日本ではリゾートとして知られ、だが実際には工業地帯であるペナン州。変化の渦中にある、熱いパッションを持った人々に話を聞いた。

周囲にクルマを扱う企業が多いAUTOーCITYというエリアで、月に一度開かれているマーケット。この飲食店街で出された生ごみはコンポストに回収されるなど、オーナーの環境意識が高いという。
ウォン・ペイチンさん。バックパッカーの経験が現在のビジネスに結びついているが、「今は旅に行くよりも、地元の環境意識を育てたい」。/Nak.Ed Farm

AUTO-CITYという複合施設で月に一度開催されているコミュニティ・マーケットで出会ったのは、無添加石鹸を作っている<Nak.Ed Farm>のウォン・ペイチンさん。31歳になる彼女は、半導体工場で3年間働いた後、バックパッカーとしておよそ9ヵ月旅をして、環境NGOに参加する。

歯磨き粉にも、当然マイクロプラスチックは使っていない。他に、化粧水、虫除けスプレーなどもある。ウォンさんが語るように、肌に直接触れるものは環境問題に取り組む入り口になるかもしれない。/Nak.Ed Farm

その活動をそのまま続けたいと選んだのが、無添加の石鹸や、マイクロプラスチックを使わない歯磨き粉など、直接肌に触れるものを作ること。「きちんとした食べ物だけを選ぶのは難しいけれど、石鹸だったら選べるから」というのが、独学で今の仕事を始めた理由。地元の農家をサポートしたいと、柑橘類など、地産の果物をうまく取り入れている。同世代の農家とコミュニケーションを取りながら、果物それぞれの特性を学んだという。

コミュニティ・マーケットで出合った、〈Nak.Ed Farm〉のシャンプー・バー。歯磨き粉、石鹸など、すべての製品がプラスチックフリーで、成分も細かく示されている。環境に負荷をかけないライフスタイルは、健康志向と相まって、注目を集めつつある。/Nak.Ed Farm

この素晴らしい香りを持つ石鹸めあてにやって来る客の年齢層は幅広く、環境や健康に対する意識が浸透し始めているのがわかるが、現場で中心を担っているのはウォンさんら30代前半の世代らしい。このマーケットのオーガナイザーを務める女性も31歳。一度社会に出て、そこで気づいた矛盾点を自分たちの力で解消すべく立ち上がった姿が眩しく見えた。

ただし、マーケットのスタートは、この場所を持つオーナーからの提案だったという。先進的な意識を持ち、社会に影響力のある人々が、若者たちをサポートする形でペナンのグリーン活動は始まっている。経済性と環境に対する活動を両立させることで、持続可能なビジネスは成立する。