「千歳船橋の四天王」と呼ばれた元ヤン女子がLGBT問題に目覚めたワケ

イジメ、喧嘩、芸能界の闇を見た先に…

元イエローキャブ社長・野田義治氏の秘蔵っ子としてグラビアアイドルとして活躍してきた渡辺万美(わたなべ・ばんび)さん。このほど、最新写真集『rabbit』をリリースした彼女が、「千歳船橋の四天王」と恐れられたヤンキー時代のトンデモエピソード、そして現在のLGBTに向けた取り組みへの思いを語った。

木刀を持ち歩いていた!?

――学生時代は「千歳船橋の四天王」と呼ばれるほどの武闘派だったと聞きます。

そうですね(笑)。実家は下北沢で、そこから5駅の千歳船橋にある中学校に入学した頃から荒れ始めて……。いつしかそう呼ばれるようになっていました。

昔、有名な暴走族の本部が下北沢にあったらしいんですよ。だから、その暴走族のメンバーの息子や娘が下北沢や千歳船橋にけっこういて、そういう人たちとよくつるんでいました。

服装は上下にスウェットを着て、キティちゃんのサンダル。あとはマスクをつけて、いつでも先輩のバイクの後ろに乗れるようにヘルメットを持ち歩いていました。そのヘルメットもスプレーで着色して派手にして。「木刀」も持ち歩いていました。

 

――木刀……?

中学一年生の頃に剣道部に入ったときに、もらったんです。というか、剣道部に入ったのは木刀が欲しかったから。なんかカッコイイじゃないですか。

そんな感じだと、喧嘩上等の女の子にしょっちゅう絡まれるわけですよ。それで、闘うわけです(笑)。