Photo by gettyimages

観光客激減「震災並みの大打撃」で露呈した日本のインバウンドの弱点

新型コロナとクルーズ・ビジネスの死角

欧米からの観光客も「消えた」

3月上旬、江戸時代の宿場町の風情が残る長野県南木曽町の妻籠宿から岐阜県中津川市の馬籠宿を結ぶ旧中山道を歩いた。年間を通じて「日本人より外国人が多い」といわれる国内有数のインバウンドの聖地。訪れる大半は欧米人である。

ところが、梅の花も咲き出すこの時期、例年ならすでに多くの外国人ウォーカーの姿が見られる街道には、彼らの姿は少なかった。「この時期、8割以上は外国人」と話す地元の人たちは、マスク姿で「コロナウイルスのせい」と困惑を隠せない様子だった。

平時は「欧米人のほうが日本人より多い」といわれる旧中山道・妻籠宿も閑散としている(筆者撮影)

新型コロナウイルス被災で日本を訪れる外国人が減っているようだ。中国人や韓国人だけではない。2011年の東日本大震災時に匹敵する事態が起きていることが考えられる。

この1ヵ月、日本における新型コロナウイルスの最大の感染源とみなされた、クルーズ客船をめぐる報道がメディアにあふれた。皮肉な話だが、これほど日本でクルーズ客船と乗客の事情がこと細かく話題になったのは、初めてのことだったろう。

 

おかげで我々は多くのことを知ることになった。外資系クルーズ会社プリンセス・クルーズが運航し、日本各地を発着する豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」に、これほど多国籍の乗客がいたことである。