〔photo〕iStock
# 離婚

年収500万円夫とあっさり「離婚」した子持ち妻の「ヤバすぎる行動」

あまりに非常識的すぎる…

夫婦の離婚問題に「異変アリ」…!

最近、女性の男性化、男性の女性化が進んでいる。そんなふうに感じたことはありませんか。

私は15年間にわたり夫婦の離婚相談を受けていますが、特に子どもの親権を決める場面で男女の逆転現象を目撃することが多いです。

〔photo〕iStock

夫婦の間に未成年の子どもがいる場合、夫と妻のどちらが親権を持つのかを決めなければ離婚届は受理されません。

海外では離婚しても元夫と元妻が協力して子どもを育てると「共同親権」を採用している国も多いですが、日本では「単独親権」が原則。片親が1人で大半の育児を引き受ける形です。

私が夫婦の離婚相談を始めた最初の10年間は、父親と母親のどちらが親権を持つのかで揉めるケースがほとんどありませんでした。「どうせ無理でしょ? じゃあ、そういうこと(妻が親権者)で」という感じで最初から親権をあきらめる父親ばかりだったからです。

残された問題は妻が親権を持つという前提で養育費を毎月いくらにするか、学資保険の契約者を変更するか、1ヵ月に何回、子どもを会えるのか……といったこと。例外として「とにかく妻の言いなりになりたくない」という一心で「俺が親権を持つ!」と言う男性相談者もいましたが、本当に子どもを引き取って育てたら、お金、時間、体力をどのくらい失うのか……十二分に検討していないパターンが多かったのもまた事実です。

 

結局、父親が子どもの親権を持つケースというのは、母親が子どもを置いて家を飛び出し、そのまま離婚に至り、他に引き取る人がいないから、なし崩し的に父親が子どもを暮らす場合というのがほとんどであった気がします。

一方、最近の5年間は、様相が一変しています。