photo by iStock
# 新型コロナウイルス # 裏社会

コロナ自粛がヤクザを直撃…? 現役組員が語る「リアル」と「対策」

カタギよりも慎重な予防策

「なるべく会合は避けるように」と…

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。

日本国内でも感染者が拡大する中、去る2月26日には新型コロナウイルス感染症対策本部において、安倍総理は以下のように述べた。

「多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は、中止、延期又は規模縮小等の対応を要請することといたします」

photo by iStock

この発言を受けて、アーティストのコンサートやスポーツイベントが相次いで中止になった。

こうした「コロナ自粛」の波は、じつは極道社会にも押し寄せているということをご存じだろうか。

あるヤクザウォッチャーは言う。

「すで大人数での定例会が中止になるなど影響が出ている。枝の組織においても、『寄り合いなどの会合は極力避けるように』とのお達しを出したところもあった」

中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスが、これほどの災厄に発展するとは誰が予想できただろうか。それはヤクザもカタギも同じだ。

 

それでも、ウイルスが相手とはいえ、万全の対策を取るのは当然だろう、と話すのは極道社会に詳しい作家の影野臣直氏。続けてその理由を明かすには、

「一般社会と同じく、ヤクザ社会もまた高齢化が進み、60代、70代の現役ヤクザは珍しくありません。また、とくに、若い頃の不摂生がたたって、高血圧や糖尿病といったコロナの重篤化を招く持病を患うヤクザは多い。また、感染者になることで、大事な親(親分)に感染させるわけにはいきませんからね」。