Photo by iStock

定年で自宅を売り、賃貸に引っ越して“地獄”を見た夫婦の末路

もう取り返しがつかない…

幸せな暮らしが一転

杉並区のマンションに住む秋山義男さん(75歳・仮名)は、3歳年下の妻と預金通帳を見ながらため息をつくことが多くなった。

2LDK、家賃10万円のこのマンションに住んで5年目。もともとは埼玉・川口市の築30年の持ち家に住んでいたが、夫婦2人で住むには広すぎることと、老後の資金に不安があったため、自宅を2000万円で売却した。

Photo by iStock

「60歳で定年した時には貯金が3000万円ほどありましたが、退職後に妻と海外旅行に出かけたり、子どもが家を購入するときに頭金を出したりしているうちに、70を目前に2000万円近くまで減ってしまった。

これでは老後の資金が足りなくなると思い、妻と相談して自宅を売ってマンションに移り住むことにしたのです」

月々の家賃はかかるが、貯金に加えて年金収入もある。自宅売却で手にした2000万円を加えれば、老後資金は安心だと思っていた。

 

引っ越した当初こそ快適な生活を送っていたが、2年ほど前から「このままで老後の生活は大丈夫か……」と不安を感じるようになったという。

秋山さんが見落としていたのは、賃貸マンションで暮らすことは、意外におカネがかかるという事実だ。