韓国を襲う新型コロナショック…外国人観光客「48%減」の衝撃

さらに被害は拡大しそう…
高安 雄一 プロフィール

株価の動きをみると(韓国総合株価指数:KOSPI)、感染者急増が始まる直前の2月17日は2242であったが、3月2日には2003となり10%以上下落した。また対ドル為替レートも、2月17日の1ドル1184ウォンから3月2日には1215にウォン安となった。

現在のところは株価も暴落というレベルではなく、為替も若干ウォン安に振れた程度であるが、今後の感染者の推移や経済指標の動きにより、株価暴落やウォン急落といった事態にも備えておく必要がありそうだ。

 

日本でも新型コロナウィルスにより景気後退が決定的になったと思われるが、お隣の国の韓国ではそれどころではなく、リーマンショック後の不況にも匹敵する事態も想定しておかなくてはならない状況になっている。