Photo by iStock

ドローンが中継、混雑も解消! 五輪体験を「劇的に変える技術」5選

スポーツのデジタルシフト、到来!
各種スポーツではAI(人工知能)に限らず、IoT機器やデジタル製品などの導入が進められている。以前、女子バレーボールの日本チームがiPadを使って試合の分析をしていたニュースを覚えている人も少なくないだろう。

時代は進み、いまではデジタル機器にとどまらずAIを活用する事例も増えてきた。それこそ、2019年は社会全体でさまざまなAIが導入された。それにともなって、スポーツやその周囲での活用事例も増えている。

スポーツという分野そのものをAIが変えるかもしれない。そんな挑戦を5つ紹介しよう。

この記事は〈Ledge.ai〉より作成しました。元記事はこちら

その1 情報戦の新境地

AppierのチーフAIサイエンティストであるミン・スン氏は、2020年開催の国際的スポーツイベントとAIに関するセミナーを実施した。そこでは、AIによってスポーツの試合、観戦、競技場等の環境などが変化するかもしれないという。本稿ではこのセミナーで語られた、スポーツ分野全体で今後活用が始まったり、広まったりしそうなAI事例を紹介する。

ミン・スン氏

まず語られたのは、選手や監督・コーチ向けのAIだ。球技や格闘技などの試合(対戦)を要する種目で活用されるケースが多い事例だ。

 

自分たちの戦略に対して、相手チームがどういう動きを展開するのか、予測と分析をするAIに注目が集まるそうだ。いわゆる行動モデリングを利用したもので、自分たちと対戦相手の動きを学習させ、シミュレーション環境を構築するものである。

選手本人はもちろん、監督やコーチなどに有益となる技術になるという。これまでは机上で作戦を考えていたこともあったが、AIシミュレートすることでいっそう具体的に指示を出すことも可能になりそうだ。

AIシミュレートした戦術を、選手がどれだけ再現できるかがカギを握りそうである。

その2 観戦者に情報を届ける

次に紹介されたのは、私たち観戦する人向けのプロダクト。すでにいくつかの企業がサービスとして展開しているが、実際に競技している選手を、リアルタイムでトラッキングし、さまざまな情報を可視化させる仕組みは今後のスポーツ大会でも採用機会が増えていくだろう。

陸上競技で例を挙げるなら、選手の基本情報や、選手の走る速度、その選手がいま何位なのかなどの情報を、映像に対して即座に映し出すものである。さらには、個々の選手の情報だけでなく、対戦カードごとの成績などもすぐさま表示できる。

パナソニックが開発した画像解析技術を用いた競泳選手のトラッキングシステム。選手の肌の色や動きなどの情報を考慮することで、選手の位置を数値的に判断できるようになった

なお、ボールなどを使う種目においては、そのボールをトラッキングすることで、ボールの回転や軌道などを画面に表示できるようだ。