海岸に漂着、あるいは砂浜に落ちているプラスチックごみを拾い集めて作品を作る、サンフランシスコ郊外在住のアーティスト夫妻のプロジェクトOne Beach Plastic。2人が取り組む活動を見せてもらうために、キホービーチの海岸を一緒に歩きました。

創意工夫とアイデアで
漂着ごみを美しいものに

遠くから見るととても美しい海岸だが、ひとたび砂浜を歩くと10分も経たないうちに、ごみが集まった。原形をとどめていない、プラスチック破片も多い。

海のごみをアートに変えよう、そんな取り組みを各国のアーティストが始めているが、アメリカのリチャード・ラングとジュディス・セルビーのアーティスト夫妻はその先駆けといえる。

1999年からOne Beach Plasticというユニークなアートプロジェクトを続けている2人。その活動は、マリン郡ポイントレイズ国定海岸内にあるキホービーチに打ち上げられたプラスチックごみのみを使い、アートを作るというもの。20年以上にわたる活動の中で生まれた作品の数々では、使われた材料が本当に捨てられたプラスチックなのかと目を疑うほど、ユニークで斬新、心躍るものに昇華されている

2人が暮らすのは、サンフランシスコ郊外の閑静な住宅街。ゆるやかな坂道を登った高台に、その住まいはあった。家にお邪魔すると、棚や壁一面に、彼らの活動から生まれた数々のアートワークが飾られていて、さながらギャラリーのようでもある。

プラスチックごみを使った表現方法はさまざまで、色別に集めて構成したものを高感度レンズで撮影したり、博物館にある標本に見立てたり、同類のものをガラス瓶の中に入れてディスプレイしたりと、アイデアは目を見張るものばかり。ちょっとこれ見て、とジュディスが自分のブレスレットを差し出す。

海で黒い発泡スチロールのかたまりを見つけてね。細かく砕いてみたら小さな穴があったので、糸を通してつなげたの。よくできたから、もっとつなげて寝室の壁にディスプレイしてるのよ

他にも、劣化したビーチサンダルやスーパーボールなどをネックレスに。カットしたり、編んだり、縫ったりと、裁縫の得意なジュディスが少し手を加えることで、ごみは一風変わった美しいアクセサリーに生まれ変わる。ちょっとの工夫とアイデアでリユースできるものがたくさんある、そして誰でもできることなのだと、それらの作品は教えてくれる。