〔PHOTO〕iStock

早期退職後も「年収700万円を死守したい」50代会社員の「甘さ」

「やりたいことがない」会社員の末路

早期退職・希望退職募集する企業が増え続けている。ITリテラシーのある優秀な後輩たちの台頭を目にして、これまでの職場に居場所を見つけにくくなってきていた40〜50代の大手企業会社員のなかには、転職を検討する人も少なくないだろう。『50歳からの逆転キャリア戦略』(PHPビジネス新書)を上梓した前川孝雄氏が、中高年からの転職時の注意点を「ダメな具体例」に沿って解説する。

※本文で紹介する事例は、プライバシーに配慮し一部設定に変更を加えています。

ある大手メーカーサラリーマンの悲劇

私は20年弱、大手企業で勤めたあと、人材育成を生業にすべく、(株)FeelWorksを起業し13年目になる。これまで大手企業を中心に400社以上で管理職向け研修を実施してきた。その仕事柄、受講者層である40~50代ミドル層の方々から転職相談をされることがよくある。

先般、とある大手メーカーのミドル社員が私のもとを訪ねてきた。仮にAさんとしておこう。平成の初期に国立大学経済学部を卒業したAさんは、隆盛を極めていたメーカーに大量採用された一人で、当時から終身雇用を信じて働いてきた。事業の海外展開とともに海外出張や転勤、長時間労働、単身赴任も経験したが、それもいとわず滅私奉公してきた。

〔PHOTO〕iStock

ところが、ここ10年ほど会社はアジアの新興メーカーとの競争に勝てず、経営不振に陥り、度重なる早期退職勧奨を行ってきた。繰り返し対象となっていたAさんだが、その都度、家族のことを考え踏みとどまり、お世話になった先輩たちを苦渋の思いで送別し続けてきた。

 

しかし50歳になる今、管理職相当の職階とはいえ、部下は持たされず、20~30代の優秀な後輩たちとともに働き続けることに限界も感じ始めており、いよいよ自分も潮時かと転職を考えた。