photo by iStock
# 健康

騙されるな! がんの「治療もどき」と「最高の治療法」の正しい見分け方

お金持ちほど要注意なんです…

がんの「治療もどき」に騙されないために

1981年以降、約40年にわたり日本人の死因の第1位に「君臨」し続けるのががん(悪性新生物)だ。遺伝子変異の積み重ねで起こるがんは高齢化が進む日本では、今後増加が避けられない疾患でもある。

photo by iStock

実際、2014年時点で全国の年齢別のがんにかかった人の報告である「全国がん罹患モニタリング集計」と厚生労働省の人口動態統計からわかる「全死因死亡率」、さらに平均寿命を計算する「生命表法」を掛け合わせた数学的モデルから、日本人が生涯でがんにかかる確率は男性が62%、女性が47%とはじき出されている。

巷でもよく言われる「2人に1人がガンになる」は、この数字のことを表している。

その一方で現在もがん治療は日進月歩の進化を遂げている。ところががん治療の話題となると、「不必要な手術が行われている」、「抗がん剤は逆に寿命を縮めるだけ」というネガティブな情報が巷の一部では蔓延し、その結果、あやふやな民間療法に大枚のお金をはたく人たちもいる。

 

だが、一般に病院で行われるがん治療は、そのほどんどが現在の科学の最先端の思考錯誤の結果、生み出されている。

その過程を知ることは、今後がんにかかるかもしれない人、既にがんと診断され治療に臨んでいる人、がん患者を抱える家族の全てにとって安心して治療を受け、まやかしな「治療もどき」に騙されないための一里塚だ。