〔PHOTO〕gettyimages

新型コロナ「世界的感染」…いつ何が起きてもおかしくない

数字が語る「これだけの現実」

イタリアが感染源に

イタリアで新型コロナウイルス感染者が見つかって以来、公表される感染者数は日に日に増え、3月3日の時点で2036人が感染し、52人が死亡したと発表されている。

北イタリア、ミラノから南東へ約40キロ、ロンバルディア地方の小さな村に住むコードーニョの「ペーシェント・ゼロ」(イタリアで初めて確認された感染者)の病状が悪化したのは2月半ばを過ぎた頃だった。

現在も重症と伝えられる38才のユニリーバ・イタリー社の研究者は、2月のはじめに上海からミラノへ中華航空でやってきたイタリア人による感染したと思われる。

しばらくのあいだは症状が軽く、スポーツマンでもある男性は、2週間のあいだにマラソンに参加し、家族や知人など、複数の人々に会っていた。彼一人のために何人が感染したのだろうか。

〔PHOTO〕gettyimages
 

現在、イタリアではヴェニス郊外のヴェネト州と、ミラノの南東に位置するコドーニョの主に2つの地域でクラスター(複数の感染者)が見つかっている。

11の市町村はレッドゾーンに指定され、2週間の検疫期間中、約5万人が自治体から出ることができない。500人の警官が周囲を警備し、もし検疫を破った場合は、罰金が科される。食材をはじめとする日常品は隣りの自治体の職員などがバス停のベンチに置いている。