Photo by gettyimages

みずほ銀行を苦しめた「悪夢の記録」が異例のベストセラーになったワケ

読むだけで気が滅入るシステム統合の全貌

みずほの「サグラダ・ファミリア」

いま、エンタープライズIT業界で話題の本がある。『みずほ銀行システム統合、苦闘の19年史』(日経BP)だ。

刊行からわずか2日で増刷となったIT系書籍として異例のベストセラーで、ビジネスマンはもちろん、多くのIT専門家や論客が読んでいる。昨今ようやく重要課題として意識する企業が増えてきた「2025年の崖」の、意図せぬ先行事例としても注目されているのだろう。

なにせ、みずほ銀行の勘定系システムは「IT界のサグラダ・ファミリア」と揶揄されるほど複雑怪奇をきわめ、日本を代表するITブラックボックスと化していた。2002年、2011年には老朽化による大規模障害を引き起こし、悪い意味で注目を浴びてもきた。そのシステム統合の全容が記されているとなれば、関係者ならずとも気になるはずである。

かかった費用は4500億円

みずほ銀行の新勘定系システム「MINORI」は、2011年6月から本格的な開発に入り、まる8年後の昨年7月に本格稼動した。名前の由来は、みずほ=瑞穂(みずみずしい稲穂)=実り、ということだろう。総費用約4500億円、関与したITベンダーは日本IBM、日立製作所、富士通、NTTデータのビッグ4をはじめ約1000社、従事したエンジニアは延べ35万人/月という。前代未聞の超ビッグプロジェクトだ。

 

1999年に富士銀行・第一勧業銀行・日本興業銀行の3行が経営統合の契約を結び、みずほホールディングスが発足して以来、懸案だったシステム再編・構築の挑戦は2度にわたり挫折。「19年越しの悲願」が実ったのが昨年のことだった。「MINORI」の名前について「みずほのMと祈り(INORI)が真の由来」という話にも説得力がある。

同行のシステム統合を語る際に避けて通れないのは、前述の2度にわたる大規模なシステム障害だ。