Photo by iStock
# マネジメント

新型コロナの難局を乗り切れ!「できるリーダー」の意思決定法

「歴史から学ぶ」攻守の4つのポイント
新型コロナウイルスの猛威が収まらない中、国も企業も「苦渋の決断」を迫られる局面が増えている。元外資系人事コンサルタントで、著書『稼げる人稼げない人の習慣』などがある松本利明氏によれば、このような難局こそ、「歴史」に学ぶことが大事だという。できるリーダーが実践する4つのポイントを解説。

今こそ歴史から学ぼう

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染拡大が止まりません。予防対策も確立できず、拡散対策も「閉じこもり、嵐が過ぎ去るのを待つ」という施策しか取れないでいます。

この原稿を書いている2月28日段階で政府は全国の小中高校や特別支援学級などの臨時休校を3月2日から春休みまで要請。今後2週間の大規模イベント中止・延期を要請。国交省発注の公共工事、一時中止や延期。リーマンショック超えの金融危機も叫ばれ、実際、経済活動が止まる方向に進む中、リーダーは難しい舵取りを突きつけられています。

100%の正解がなく、どちらを選んでもリスクがある中、企業独自の基準に基づく独自判断が求められるからです。

Photo by iStock

緊急時こそ、リーダーの胆力が伴う、判断力が求められますが、えいやで決められるほど簡単ではありません。今、考えてもわからなければ、歴史から学びましょう。

今回は、ベストセラー『「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ』で歴史と戦略の大家である鈴木博毅氏へのインタビューより、緊急時にリーダーの意思決定を助ける、歴史から学ぶ攻守の4つのポイントを解説します。

(1)「自分に都合の悪い情報」に目をつぶらない
(2)「過去の成功パターン」にとらわれない
(3)「増えていく事実や行動」を探して、先回りする打ち手を考える
(4)「新しい形の情報」を生み出して人を動かし、消費を喚起する

 

以上の4つのポイントについて、順を追って見ていきます。