意外な動物が、色々と保護されています

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

動物愛護センターからの引き取りが多いのですが、最近は変わった動物出会うことも増えています。昨年、多摩愛護センターで保護したのが、このあひるさん。なかなか引き取られず、日に日に体調が悪くなっていくため、引き取りました。保護当時、足を怪我していましたが、すっかり復活。気持ちよく水浴びします。

撮影/山内信也
名前:きくち浮子さん
年齢:推定1歳
性別:女の子
性格:人懐こい性格で、あとを追ってきます

攻撃性は全くなく、人懐こい性格。触られるのは苦手ですが、寂しがりやで人のうしろをついて歩いてきます。体は意外と大きいですが、とても飼育しやすいと思います。

注意点は2つ。水浴びが大好きなので、日課にしてあげてください。あと、食べ過ぎて栄養状態がよくなりすぎると、発情して卵を産んでしまうので、食事を上手にコントロールしてあげてください。

写真/ミグノン

きくち浮子さんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

SNSで話題の「#とろねこチャレンジ」あなたも参加してみて!

毎年、全国で3万頭もの猫が殺処分されています。その数は、保護される犬の4倍もの数になります。今回、花王×コンテンツスタジオCHOCOLATEが、気持ちよく寝ている猫の写真をtwitterやInstagramに投稿するだけで、1投稿につき10円が保護団体(友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」)に寄付されるというキャンペーンを4月30日まで開催中です。ぜひ、ご参加を!

詳しくはこちらを『#とろねこチャレンジ』