〔PHOTO〕gettyimages

習近平主席「4月国賓来日」を安倍政権が断った止むを得ない事情

新型コロナ問題が深刻化する中で

4月に来る気満々

「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」と思い悩んだのはハムレットだが、中国の習近平主席は、「行くべきか、行かぬべきか」などと悩んだりはしていなかったようだ。「桜の咲く4月、国賓として日本に行く」と決めているようだったからだ。

だが、それが「問題」だ。

2月28日、楊潔篪中央政治局委員兼中央外事工作委員会弁公室主任(外交トップ)が来日し、同日晩に約45分間、安倍晋三首相を表敬訪問した。その時の模様を、中国国営新華社通信は同日深夜、次のように伝えた。

〈 楊潔篪は述べた。昨今の中日関係は、良好な発展の勢いを保持している。習近平主席と安倍首相は昨年、2回の会談を成功させ、新時代の要求に見合った中日関係の構築推進をリードしている。

中国側は日本と二人三脚で、両国のリーダーの重要な共通認識を実行していくつもりである。それは相互尊重と求同存異(同じものを求めていながらも差異が存在する)の精神で、手を携え協力し合い、互利共勝の両国関係の新局面構築を推進していくということだ。

習近平主席の日本国賓訪問の意義は重大だ。中国側は日本とともに密接な意思疎通を保持し、訪問のための各方面の準備を首尾よく進めていくつもりだ。中国側は日本が東京オリンピックを成功裏に主催することを固く支持していく 〉

つまり、新華社通信の報道を見る限り、習主席の日本訪問を、予定通り進めていくというように見える。

〔PHOTO〕gettyimages
 

だが、日本政府関係者に確認を取ると、こう述べた。

「このまま習主席を4月に来日させてしまえば、日本で新型コロナウイルス騒動が続く中で、来日に強く反対する安倍政権の岩盤支持層である保守層の支持を失ってしまうことになる。それはすなわち、安倍政権の崩壊だ。

これまで中国側から『延期』を言い出すのを待っていたが、いつまで待っても『予定通り行く』としか言わない。そこで、楊中央政治局委員に最終通告を突きつけた。中国側が態度を変えないのであれば、3月4日に日本側から『延期を要請した』と先に発表してしまうということだ」

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら