# ラーメン

「ラーメンショップ」が不死身なワケ…強さの秘訣は“ユルさ”だった

ラーメン界の怪物はこうして生まれた

国道沿いに現れる「赤い看板」

赤地に白抜きで「うまい ラーメンショップ うまい」と書かれた看板を見たことがあるだろうか。埼玉や千葉、北関東などに行楽に訪れる途中、国道やバイパスに突如現れるこの看板を目撃して、「なんだあれは」「まだ現存しているのか!?」と思った人も多いことだろう。

豚骨醤油ラーメンのフランチャイズチェーンである「ラーメンショップ」は、1970年代から90年代にかけて、爆発的に勢力を広げた。東京近県のロードサイド中心に展開している印象があるかもしれないが、実は23区内にも店舗は存在し、静岡や福島のほか東北・関西・九州と全国に店舗が存在する。

道路沿いに面するラーメンショップ朝霞店

ラーメンショップの特徴は、豚骨ダシを濁るまで煮出したスープが、醤油のタレと混ざり合って茶色く濁った東京豚骨と呼ばれるスタイルで、環七ラーメン戦争の時代に一世を風靡した味だ。具のワカメは今となっては珍しいが、昭和の時代では一般的だった。

こういったラーメンは、1960~70年代に「ホープ軒」の屋台(現在、千駄ヶ谷にあるホープ軒)や吉祥寺の「ホープ軒本舗」から広まった。元々中国での豚骨や鶏ガラを濁るまで煮込んだスープはあるものの、一般に中華の世界ではスープを濁らせるのはタブーとされていた。

 

しかし時代は高度経済成長期。肉体労働に従事する若者は、塩分が補給でき、スタミナも付くとあって、豚骨を煮立たせて濁ったこってりスープに飛びついた。さらに車社会となり、タクシードライバーがサッと食べられて満足感の高いファストフードとして、屋台からラーメン専門店が続々と誕生し、ロードサイドを中心に広まっていった。

こうして、90年代まで東京のラーメン専門店は豚骨醤油ラーメンが主流になっていくわけだが、この流れの中でラーメンショップが誕生し、全国に広まってくことになる。