「男と女…あやつりつられ」梅沢富美男が語る大ヒット曲『夢芝居』秘話

梅沢富美男×小椋佳×太田省一
週刊現代 プロフィール

この曲で檜舞台に立てた

太田 編曲を担当した桜庭伸幸さんの力も大きかったですよね。イントロの力強いエレキギターのフレーズは、一度聴いたら耳から離れません。

小椋 普通の演歌のように、いかにもなギターフレーズでまとめていたら、ウケなかったでしょう。当時、あまりに斬新だったので、同じようなアレンジの曲が次から次へと登場したくらいです。

梅沢 貧乏編曲家だった桜庭さんは、この曲のアレンジで一気に売れっ子になった。その後、石川さゆりさんの『天城越え』の編曲も担当しています。

Photo by GettyImages

太田 レコーディングにはかなり苦労されたと伺いましたが、実際はどうだったのでしょうか。

梅沢 今となっては、このアレンジなくして『夢芝居』はないと思っていますが、レコーディングのときは違和感しかありませんでした。

というのも、最初に小椋さんにもらったデモテープは、優しく囁くようなバラード調だった。てっきりそれを歌うもんだと思うじゃないですか。

小椋 そうでしたっけ。でも、あれはあくまでデモテープですから(笑)。

梅沢 〈男と女 あやつりつられ〉の部分がどうしても譜割り通りに歌えなくて、スタッフに何度もやり直しさせられたことは強烈に覚えています。もう頭にきて「違うんだったらやめるよ」って言っちゃったくらい。そしたら、小椋さんが「梅沢富美男節でいいんだよ」と言ってくれた。

 

太田 曲の最初に拍子木が「チョ~ン」と鳴るのを聞くと、「お、梅沢劇場が始まるぞ」と聴いているこちらも心が高鳴ります。完全に梅沢さんが歌を自分のものにしていると思っていました。

梅沢 それは、最初の拍子木の部分を僕自身が打っているから、かもしれません。なんせ歌なんて歌ったことがなかったから、全く気持ちが歌に乗っていかない。でもね、役者って拍子木が鳴ったら、どこでもスイッチが入っちゃうものなんです。

それで試しに打ってみたら、背筋もピンとなるし、これまたイントロともうまくマッチしちゃった。小椋さんも「いいじゃないか」ってことで、そのまま採用されることになったというわけです。

太田 日本の歌謡曲って、和と洋が絶妙に絡みあうときがあって、それが僕らみたいな大衆の心を打つんです。まさに『夢芝居』のアレンジはその最たる例ですね。