Photo by iStock

定年後に「自宅を売った」人たち…そのヤバすぎる末路

「不安」が人生を支配する

定年後は持ち家を売って、新しい生活を始める。そんな決断をする人が増えている。しかし新たな住まいで、10年、20年後も幸せな暮らしを送れるだろうか。そこには落とし穴がある。

目減りする老後資金

〈快適な老後のために住み替えを〉

65歳以上の人口が3500万人を超え、「超高齢社会」に突入したこの国では、近年、やたらと「定年後の住み替え」を勧める広告が目立つようになった。

たしかに、子供がいるときは賑やかで手狭だった自宅も、子供が独立して夫婦だけの生活になると、その広さを持て余すようになる。いま住んでいる場所は駅や病院からも遠い。階段や段差のある玄関は、歳を重ねていくと不便を感じるだろう。

「年金以外に2000万円必要といわれる時代、老後資金も心もとない。自宅を売って老後の生活資金に充てながら、妻と二人で利便性が高い小さなマンションに住もう」

そう考える人は少なくないはずだ。しかし、その安易な決断が、あなたの晩年を大きく狂わせてしまうかもしれない。

Photo by iStock

持ち家が4000万円や5000万円で売れた場合、「年金以外の2000万円」が手に入り、老後の安心感は増すだろう。しかし、新しい住居に移り住む場合、その大半を「購入費」あるいは「家賃」に充てなければならない。

近年人気の高齢者専用マンションの場合、家賃相場は20万円前後。中古物件を購入するにも1000万円単位の資金は必要だし、月々の管理費や修繕積立金でおカネが飛んでいく。

 

「家の売却価格はいくらぐらいになりそうか、その後何年生きるか、月々の家賃やローンはいくらかかるか、介護費がそこに上乗せされてもなんとかやりくりできるか……そうした点を隅々まで考えてから自宅を売却しなければ、一時的な手元資金は増えても、老後の資金がどんどん目減りし、不安を抱えながら生活していくことになります」(ファイナンシャルプランナーの太田差惠子氏)