# エンタメ

『麒麟がくる』主人公、明智光秀はなぜ「本能寺の変」を起こしたか

戦国時代史研究・第一人者が明かす真相
小和田 哲男 プロフィール

追い詰められていた光秀

「本能寺の変」が起こった理由は、もちろん一つではない。信長家臣団の中で、光秀が追い詰められていたという面も考えられる。

武田攻めに光秀は大将としては加わっていない。特に働きはなく、おそらく恩賞ももらってはいない。一方、秀吉は中国攻めで、毛利氏を滅亡させる寸前まで追い詰めた。「本能寺の変」が起こった背景には、このまま信長が応援に向かい、秀吉とともに毛利を討てば、自分より秀吉のほうが上になると光秀が恐れた、という側面もあるだろう。

明智光秀像(本徳寺所蔵)〔PHOTO〕WikimediaCommons

また、四国の大名、長宗我部元親の問題も関係していると思われる。

元親が信長に接近した際、橋渡し役をつとめたのは光秀であった。

 

だが、せっかく信長との仲を取り持った長宗我部が、四国を席巻しそうになり、信長は長宗我部に対して「これ以上、国を広げるな」と待ったをかけたのである。

光秀は、これで面目を失ってしまった。