〔PHOTO〕gettyimages

新型コロナ「総理独断」の厳しすぎる現実

これから起きる大混乱は計り知れない

「ああ、やってしまった」

「ああ、やってしまった」――。

令和2年2月27日に行われた、全国一律の小中高校および特別支援学校の4月までの臨時休校要請を見て、そう思った人は多いのではないか。

筆者は以前、「安倍総理への公開書面」として、本誌上で、こう警告していたことがある。加計問題で揺れ、責任をとるといいながら十分な説明もないまま衆議院を解散し、選挙でうやむやにしたあとの公開書面である。

〔PHOTO〕gettyimages
 

その時、筆者はこう警告を発していた。

この加計問題をうやむやにしてしまえば、たとえいま自身の政権の座は保たれても、必ず最後は何か別のおかしなことがおきるはずだと。

批判するものを追放し、忖度するものばかりを周りに集めれば、本当に自分のため、国民のためにつくしてくれる人はいなくなり、おかしな情報でおかしな判断をすることになるぞと。