Photo by iStock

「パズル」でスッキリ! 東大生が「音声認識」の仕組みを徹底解説!

Hey Siri の裏側にズームイン
最近は、両手がふさがっていても「Hey Siri」や「OK Google」と話しかければスマホを使うことができますよね。便利な世の中だなぁ。

今回の「現役東大生のサイエンス入門」では、
そんな「音声認識」に用いられるアルゴリズムについて、「パズル」を用いて迫っていきたいと思います。

突然ですが、パズルです!

次の問題を一緒に考えていきましょう。

あなたは旅人です。オオカミとヤギをつれ、貴重な本を運んでいます。

旅の途中、大きな川に差し掛かりました。しかし、渡し場には、小さな舟が1艘だけ。

舟はとても小さいので、あなたの他にオオカミ、ヤギ、本のどれか1つしかのせることができません。あなたがいないと、オオカミはヤギを食べてしまい、ヤギは貴重な本を食べてしまいます。

オオカミ、ヤギ、本をすべて無事対岸に運ぶためには、どうすればよいでしょうか。
 

簡単のために、あなた:「人」、ヤギ:「ヤ」、オオカミ:「狼」、本:「本」と略記します。

まず、16枚のカードを用意してください。

起こりうるすべての状態を、その16枚のカードに書き出していきましょう。真ん中の青い線は川を表します。

この中から、オオカミがヤギを食べてしまうもの、ヤギが本を食べてしまうものを除きます。

たとえば、

などですね。

以下の画像のように、10枚のカードが残るはずです。