2020.03.15
# 人類

3万年前に最初の「日本人」が乗り越えた大きな壁

丸木舟で最強クラスの海流を超える
海部 陽介 プロフィール

約60名の研究者、探検家、運営スタッフが協力し、「完全再現」は無理でも、現代人の知恵と工夫で「徹底的に突き詰めて可能な限り再現」しようという試みです。

2度のクラウドファンディングで6000万円近くを集めて実現した、一大プロジェクトでした。

サピエンス日本上陸 3万年前の大航海』では、その一部始終を記しましたが、ここでその一端を紹介します。

旧石器時代の舟は遺跡に残っていないため、それを絞り込む実験から、プロジェクトがスタートしました。

候補となるのは、草・竹・木の3種類。それぞれを試作し、黒潮の海を越えられるか海上でテストします。

2016年の与那国島での実験では、草の舟が浮力に優れ、高い安定性を示すことに驚かされました。

ヒメガマという草で作った舟・どぅなん号とシラス号

2017~2018年に、台湾で原住民のアミ族の方々に作ってもらった竹のいかだ舟は、山での竹の探索、伐採、運搬、前処理、組み立て、維持などの工程に予想外の時間と労力を要することを知り、奥深さを実感しました。

これらは海に出る前にすべきことを教えてくれた、得難い経験でしたが、残念ながらどちらの舟も強大な黒潮に行く手を阻まれ、海上でのテストはうまく行きませんでした。

2つの舟がうまくいかず、最後に残ったのは、当初ありえないと考えていた丸木舟。しかし旧石器時代の石斧で、直径1メートルの木の伐採が可能であることが確かめられ、私たちはこの最後の可能性に、プロジェクトの命運をかけることになりました。

太古の祖先の冒険に、ロマンを感じる

さらに台湾から「見えない」とされていた与那国島が、本当は現地の山から見えることを現地調査で確認し、黒潮の海を何度も体験して、私たちは、「祖先たちがどのように島を発見し、どのように黒潮の海を知り、どういう作戦を立てて島を目指したか」というシナリオを作っていきました。

 

そうして2019年の夏に挑んだ、台湾から与那国島を目指す200キロメートル以上の実験航海は、現代の道具を使わず、星や波から方角を探る古代ナビゲーションによる航海です。

それは当初想定を大幅に上回る45時間をかけ、予期せぬ荒れた海、曇天で星が見えない厳しい夜をくぐり抜け、睡眠不足の中、いつまでも島が見えない不安に悩まされた男女5人が、最後は見事に島にたどり着いた、感極まる冒険でした。

ついに与那国島にたどり着いたプロジェクトチーム 〈写真:太田達也〉

太古の祖先たちも、こうして島へやってきたのかと想像すると、思わず胸が熱くなります。

「日本人誕生」の謎に迫る!

私たちの祖先は、なぜ、どのように日本を目指したのか──。

3万年前の航海を徹底的に再現!

人類の「本当の姿」を探る一冊。

海部陽介『サピエンス日本上陸』好評発売中!

関連記事